参院選2022

日本維新の会 浅田均 参議院議員(大阪選挙区)候補者インタビュー【参院選2022】

インタビューは2022年1月下旬に行いました。         
 
Q1. 自己紹介をお願いします
 
日本維新の参議院議員の浅田均です。私は大学を出てからNHKで働いたんですけど、その後、パリに経済協力開発機構(OECD)という国際機関があります。そこで、97年まで勤務して、日本に帰ってきてから、大阪府会議員になって5期、17年間やらせていただいて、現在に至ってます。
 
Q2. 政治家を志した理由は何ですか?
 
大阪と大阪の人々の暮らしを豊かにしたいという思いです。今申し上げたように1997年に日本に帰ってきたんですけど、大阪って言うと、なんか、東京に次ぐ大都市でね、東京と同じくらいだからって思っておられる方多いと思うんですけど、実際ひとりあたり所得とか、一世帯あたりの所得を見ると、ものすごく低い。実際大阪の生活保護率というのはものすごく高いですから、大阪がものすごく貧しくなっている。それをなんとかしたいという思いです。
 
Q3+Q4.この任期(6年弱)で特に注力したテーマや法案を2つ教えてください。
 
今申し上げたように、大阪が非常に貧しかった。
原因が何であるかということを考えますと、大阪府と大阪市がやっている行政で重なっているところがある。二重行政があって、無駄なところにお金が使われているんではないかと。
それを人々の暮らしのため、医療とか福祉とか教育ですね。そこに投じることによって、大阪の人たちの暮らし、大阪をもっと豊かにできるんではないか。という思いから大阪都構想というのを考えて、大阪都構想を実現するために大阪維新の会という地域政党を立ち上げて、その後に日本維新の会という国政政党を立ち上げました。
ここに10年くらいかかっているわけですけど、市町村の合併は法律に書かれてるんですけど、都道府県と市町村の統合再編というのは法律はなかったんですね。だから、ルールを作るために、日本維新の会というのを立ち上げて、制度設計から始めて、私たちが提案している通りに大阪が変わったら、大阪が豊かになって大阪の人々の暮らしも豊かになると、だから設計図を書くという作業とそれから、住民運動をやって説明会とかやって、皆さんに理解していただいて、投票していただくと、結局2年前の住民投票で、否決されて実現しなかったんですけど、その精神のかなりの部分は実現されていると思っています。
 
Q5. 次の任期で注力したいと思っているテーマは何ですか?
 
大阪というのは日本の先行指標と言われてて、大阪が貧しくなっているのをなんとかしたいという思いがありました。日本もね、日本全体で見た場合、日本というのは30年間全然成長していない。アメリカにしてもイギリスにしても3倍。GDPが3倍になっている。日本はほとんど変わっていない。だから、大阪もそうですけど、日本全体を豊かにする、成長する国に変えていきたい、というところに注力したいと思っております。
 
Q6. 若者にまつわるテーマで今最も重要だと思っている課題は何ですか?
 
みなさんご承知の通り、少子化高齢化というのが進んでいます。例えば、社会保障制度が持続可能であるかどうか。それは今の賦課制度という、若い人たちが収めていただいた年金保険料を高齢者に支払うという仕組みなんですけど、若い人たちが少なくなると、若い人達の負担がものすごく増えてしまう。だから年金にも加入しない若い方々が増えていると、いうふうに聞いています。だからそういうその仕組みですね、日本を持続可能な社会にする。持続可能な社会保障制度を作る。だから若い人たちが何にでもチャレンジできる。そういう社会を作っていきたい。そこに注力していきたい。
 
Q7. 次回参院選(2025年)までの被選挙権年齢引き下げに賛成ですか?もし賛成なら、何歳まで引き下げるべきという意見もあればあわせて教えてください。
 
私ども日本維新の会は、立ち上げた時から、被選挙権も18歳に引き下げるべきだということを公約に掲げています。若い方々が選挙に出るに際して、供託金というのが衆議院で300万とか、重複だと600万とか、かなりのお金が必要になるんでね。そういう方々が選挙に出やすいように供託金を下げるとか、あるいは支援の仕組みを作るとか、そういうことまで含めて考えております。
 
Q8.所属する政党(日本維新の会)のPRしたい点は何ですか?
 
僕はもともと、府会議員の時は自民党に所属していました。自民党に限界を感じて、自民党というのは、やっぱり今支援をされている団体とか、人々の利益の為にしか活動しないから、日本全体が成長していく為には、こういう改革が必要だという改革ができないんですね。だからそういう自民党ができない改革を進めて、日本を成長させて豊かにすることができるのは、日本維新の会しかないと思っております。
 
Q9.自分以外に注目してほしい国会議員を教えてください。
 
これはね、難しいんですけど、同じ政党の中にも、若い方々で、この方を注目してほしいという方々がいてるんですけど、立場上、そういうのは難しいので、国会全体を見回して、昨日までの予算委員会の質問等を見ていると、個人的にも親しいですけど、無所属の会というのがあって、そこに北神圭朗という方がいらっしゃいます。この方は、僕は将来の総理候補ではないかと思っています。

Q10.政治家に必要な資質は何だと思いますか?その上で、自分に投票してほしい理由を教えてください。
 
現実を直視する能力、何が起きているか、それを解決する為の政策を提案する能力、そしてその政策を実現する為の政治力、自分自身がこう思っていると言っても実現しませんから、仲間を作ってそこで政治力というのが必要になってきて、それを実現させると。
私達は国会を改革する必要がある。日本を改革する必要がある。というとこで、法案を130本くらい提出しています。しかしまだ、国会のルールによって審議の対象になったのはごく僅かです。だからそういうのも、俎上に載せていただいて、審議してもらって、日本維新の会というのは、国民のためにこういう提案をしているということをもっとアピールしていきたい。日本を成長させる改革する、若者の皆さんにとって、夢が持てる国に変えていくことができるのが、日本維新の会だけだと思っております。だから、日本維新の会、私に投票していただきたい。


「single-issue」は、日本若者協議会がつくっている政治メディアです。

2022年参院選立候補予定者インタビュー、
今回は、日本維新の会の浅田均 参議院議員(大阪)です。

■浅田均 参議院議員
Official Site:http://asd2a.com/
twitter:https://twitter.com/office_hasada
facebook:https://www.facebook.com/people/%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1-%E6%B5%85%E7%94%B0%E5%9D%87/100064170064021/
instagram:https://www.instagram.com/hitoshi.asada.office/

#日本維新の会 #2022参議院議員選挙 #大阪

■「single-issue」
「政治で社会課題の解決を」をキャッチコピーに、
社会課題に各政治家はどう立ち向かっているのか、インタビューを通して、わかりやすく伝えていく、日本若者協議会がつくっている政治メディアです。

Official Site:https://single-issue.jp/
twitter:https://twitter.com/singleissue_jyc
instagram:https://instagram.com/single_issue_jyc
tiktok:https://www.tiktok.com/@single_issue
note:https://note.com/single_issue
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCSVBIbuDQXdhvpmOE_CRg2Q

■日本若者協議会
若者の声を政治に反映させることを目指し、各政党や政府などに政策提言などを行っている超党派の若者団体です。
HP:https://youthconference.jp/
twitter:https://twitter.com/YPJ2019
instagram:https://www.instagram.com/youthparliamentjapan/
facebook:https://www.facebook.com/YouthParliamentJapan/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCvnscmEy5gAFRQypzEmUHzQ

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。